私のテアトルアカデミーの二次審査体験談。

我が子を子役にと!親バカかもしれない私ですが
私自身こういうオーディションに興味もあって、一番実績のあるテアトルアカデミーに応募しました。
ちなみに娘は6歳です。

まず一次審査ですが、こちらはネットからの申し込み。
とりあえず色々角度を変えたり、これじゃダメかな?もっと可愛く撮れないかな…。
そんな試行錯誤を繰り返し、撮影した数は100枚以上、そしてこれだと決めた一枚で応募。

まぁ一次審査はテアトルアカデミーに限らず、ほとんど通過するみたいなので
ドキドキしながら待っていたわけじゃないですが、応募してから10日位で合否通知きました。

結果は…。もちろん合格。とりあえず一次審査通過といった感じでした。

封筒一枚の紙切れだけかと思ってましたが、意外にしっかり賞状やら二次審査の案内が入っていました。
そしていよいよ二次審査。こちらはもちろん面談です。
私は大阪校を予約。

スポンサードリンク

他のオーディションを受けたことがないので
どんなものか全く分からず、娘より私が緊張してました(笑)
さて二次審査当日ですが、受付を済ませ少し待機。結構な人数で50人くらいいたでしょうか?
そして受付が終わると面談スタート。

一つのお部屋に皆さん座って順番に前に呼ばれて一人ずつ色々と質問されます。
もちろん子供一人だけではなくママさんも同席の上です。

子役のこととか夢は何?など色々娘に聞いてました。
質問内容等は毎回違うようですし、私の時と他のお子さんの時では質問が違いました。
それなりに娘とは、こういう質問をされた場合は、どう答えるの?と
シミュレーションも重ねてきましたが
やはり本番となると緊張が邪魔をして、思うように回答できませんでした。。。
ホント終始ドキドキしながら質疑応答が終了。
質疑応答はホントあっという間で5分くらいだったでしょうかね。

そして面談が終わり、次にカメラテスト。
娘にぬいぐるみを持たせてパシャッと一枚。すぐに終了しました。
二次審査はこの二つで所要時間は約二時間ほど。
経験がなかったのでホント疲れました。

ちょっと二次審査で仲良くなったママさんとお話しさせていただいたのですが
やはりいくつかオーディションを受けて雰囲気に慣れないとダメっておっしゃってました。

ホント実際に二次審査を受けてみて、つくつぐそう感じました。
だからテアトル以外も色々と受けてみて、慣れももちろんですが
コツを掴んで少しずつステップアップしていきたいと思います。
稚拙な文章ですが、最後までご覧いたたぎありがとうございました。
※最新赤ちゃんモデル・子役募集はこちら
※俳優・女優・タレント募集はこちら


スポンサードリンク

パンパースの赤ちゃんモデル

赤ちゃんが生まれると、毎日欠かせないのがオムツ替え。


テープタイプやパンツタイプなど、さまざまな種類のオムツが販売されているので


どれを購入したらよいのか迷ってしまいますよね。
敏感肌のお子さんでも安心して使用できるのが、パンパースのオムツ。
小さいころからオムツが外れるまでずっと愛用しているママも多いはずです。


いつもオムツを購入しているとちょっと気になるのが、パッケージに登場する赤ちゃんモデル。


こんなところに自分の子どもが登場したらいいな…なんて考えている方もいるのではないでしょうか。


どのメーカーのオムツもそうかもしれませんが
オムツのサイズやタイプによって、モデルが違うのがポイントです。


では、どのようにパッケージのモデルは選ばれるのでしょうか。


実は読者モデルのように一般の子どもが応募できるものではありません。
パンパースのパッケージに登場するには
赤ちゃんモデルが多く所属する「テアトルアカデミー」に入る必要があります。


鈴木福君や小林星蘭ちゃんも所属していることで知られていますね。


自分の子どもを赤ちゃんモデルにしたい方は
まずテアトルアカデミーの無料オーディションに参加してみてはいかがですか。
芸能界入りのチャンスを得られるかもしれませんよ。

子役オーディションの競争率

子どもが生まれると、「一度でいいから雑誌やテレビなど、メディアに掲載されたわが子を見たい」
と思うものですよね。


ドラマや映画で活躍する人気子役を目指して、オーディションに参加した方も多いのではないでしょうか。


そこで気になるのが、オーディションの競争率です。


書類審査を通過して、面接会場へ行くと
受付にずらっと子どもが並んでいてガッカリしてしまうこともあります。


読者モデルなど、合格人数の多いオーディションは
比較的に採用されやすい傾向にありますが、映画のキャスト募集のオーディションは
数人しか採用されないため、倍率が高くなってしまいがち。


ちなみにある有名ミュージカルの募集には、毎年9000人以上の応募があるそうです。
その中から役をもらえるのは28人だけなので
確率はわずか0.3%にすぎません。


また狭き門といわれている映画も、通過する確率は0.4%~1.2%。。


公式ホームページなどで募集される前からチェックしている芸能プロダクション、パパ・ママが
ほとんどなので、頭に入れておいた方がよさそうですよ。


ちなみに同じオーディションでも、都心部で開催されるものより
地方オーディションの方が応募者の倍率が低くなるので狙い目です。


ただし、参加するための交通費や宿泊費は自己負担する必要があるので、注意してくださいね。

オーディションに合格

いろいろなオーディションを受験しているけど、なかなか合格できない。いいところまで進むのに、最後に落とされてしまうことが多い。そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。


実はオーディションに合格する子どもには、ある特長があるといわれています。まず第一に、子どもらしい子どもであること。両親に厳しくしつけされている聞き分けの良い子どもよりも、オーディション会場ではあえて子どもらしさを見えることも重要なポイントです。


もちろん仕事場でトラブルに発展するようなマナーのない子どもは論外ですが、人工的な子どもよりも、自然体で明るい子どもの方が合格率が高い傾向にあります。あまり頭ごなしに子どもを叱ると、子どもらしさを失ってしまうことがあるので、日ごろから注意してくださいね。


では、子どもらしい子どもとはどのようなことなのでしょうか。それは大人の言うことを何でも聞いてしまう子どもや、わがままを通そうとする子どもではありません。自分の感情を素直に表現でいる子どものことです。


子どもたちは、厳しい社会の中で生活している大人には決してない感性を持っています。オーディションでは、審査員たちがそうした部分を採点しているといっても過言ではありません。子役の寿命は短いと言われていますが、精神面がうまく成長すれば、俳優、女優として芸能界で活躍し続ける人になることができるはずですよ。

マタニティからキッズまで

ベビー用品はもちろん、ママのためのおしゃれなアイテムや結婚・出産内祝いにも最適なグッズが豊富な「レモール」では、ベビーモデルを募集。マタニティからキッズまで商品を取りそろえているので、幅広い年齢像に支持されているのが特長です。カタログを見たことのあるママは多いのではないでしょうか。ベビーモデルに興味のある方は、季節の変わり目など、不定期に募集する可能性があるので、小まめにチェックしてみてくださいね。


現在「レモール」のカタログモデルとして活躍しているお子さんを見ていると、目がくりっとしたハーフ顔のモデルが多いようです。また、ベビーモデルですので、ぽっちゃりとした愛くるしい体型がほとんど。カメラの前で「こんな洋服を自分の子どもにも着させたいな」と思わせるような、笑顔を出せるかも合否の大きなポイントになりそうですね。


基本的に撮影は季節を前取りして行われるものです。春夏用のカタログには、水着も登場します。室内だけの撮影なら問題ありませんが、実は外でのカットも多いそうです。子どもたちは寒さに耐えて、震えながら撮影…なんてケースもあるので、ママのサポートは欠かせません。同世代のお子さんと仲良くなれるチャンスなので、興味のある方は挑戦してみてはいかがですか。

レッスン料

子役を目指そうと思った時、まず最初に悩むのがプロダクション選びですよね。有名子役がなるべくたくさん所属しているところを選ぶべきか、料金の安いところを選ぶべきか…。まずはいつか気になる事務所をピックアップして、直接話を聞いてみるのもよいかもしれません。


最近ブレイクしている小林星蘭ちゃんや谷花音ちゃんが所属しているテアトルアカデミーは、入学金が12万円、視聴覚教育費が8万円、設備費が6万円と、入学時にまとまったお金が必要になりますが、毎月のレッスン費用は1万2千円程度と、ピアノやダンス、学習塾などの習い事とあまり変わらない金額です。大手のプロダクションは、さまざまな分野で活躍する子役たちが所属しているので、安心できますよね。


ハリウッド映画に進出するほど、本格的な演技を披露する芦田愛菜ちゃんが所属しているのは、ジョビィキッズプロダクション。今は愛菜ちゃんの影響もあって、入学者が殺到しているそうですが、レッスン費は月々1万5千円ほど。演技力を磨きたい子役には絶対おすすめのプロダクションの1つです。第二の愛菜ちゃんを目指してみたい方は、一度オーディション情報をチェックしてみてくださいね。


このほかにも、子役事務所は無数にあります。料金だけにこだわらず、お子さんにあった環境を見つけてあげることも大切ですよ。

赤ちゃんモデルの仕事量

生後2週間前後から3歳未満の子どもを対象とした赤ちゃんモデルは、活躍できる期間がとっても短いのが特徴です。とにかくたくさんのメディアに露出させたいパパ・ママは、できるだけ早くに事務所に所属することをおすすめします。


お子さんにさせたい仕事によって、プロダクションが大きく異なるため、よく選ぶようにしましょう。実際にCMやテレビドラマ、ファッション誌などで活躍している赤ちゃんモデルを探して、その子が所属しているプロダクションのオーディションを受験するのがよいかもしれませんね。


「仕事の量はどのくらいあるの?」赤ちゃんモデルには多くの仕事がありますが、登録しているモデルの数に合った仕事がないのが事実です。事務所に登録したからといって、必ずオファーが来るわけではありません。気長に待ちましょう。今すぐ仕事をしたい場合は、雑誌や映画などのオーディションを受けた方がよいかもしれません。非常に狭き門ではありますが、合格すれば確実に仕事をすることができますよ。


一般的に「かわいい」「愛嬌がある」と言われる機会の多い赤ちゃんでも、カメラを向けると大泣きしてしまう子どもはキャスティングされにくい傾向にあります。日ごろからカメラ慣れしておくと採用される確率が上がるかもしれませんね。

活躍場所や評判口コミ

新生児から2歳くらいまでの子どもを対象に、赤ちゃんモデル募集をしている雑誌や芸能プロダクションがあります。かわいいわが子も芸能界入りを目指して、何か始めてみたいけど、「実際にどのような仕事ができるの?」「仕事をするのはやっぱり都内が中心なの?」など、気になる点が多いのではないでしょうか。


参加するオーディションや所属するプロダクションによって仕事内容は異なりますが、赤ちゃんモデルになると、おむつのCMをはじめ、テレビドラマや映画、カタログ、ファッション雑誌などに出演するチャンスがあります。おむつのCMでも、メーカーによって採用されやすいプロダクションがあるので、所属する前によくチェックしてみてくださいね。


また気になる撮影場所ですが、これも仕事の内容によってまったく違ってきます。ファッションブランドのカタログや雑誌の撮影は、都心部で行われる可能性が高いですが、特集ページによっては観光地で撮影されることもあります。また、映画やドラマに関しては、出演するシーンによって違うので、どこが多いと一概に言えない部分があります。事務所に所属している場合、交通費などを負担してもらえますが、読者モデルの場合、自己負担しなければなりません。遠方の撮影は経費がかさんでしまうことがあるので、注意しましょう。